【帰化申請を考えている人必見!】帰化と住宅ローンの関係

住宅ローンを抱えてる外国人の中には、帰化申請を検討している人もいると思います。現在組んでいるローンが、申請の際に不利に働かないか不安かもしれません。また、帰化をしたら、今までと比べて住宅ローンが組みやすくなるかもしれないと期待する人もいるはずです。ここでは、帰化と住宅ローンの関係について、ご説明します。

帰化とは?

帰化とは、現在日本で在留資格を持っている外国人が、日本の国籍を取得することを言います。つまり、晴れて日本人になるわけですから、日本に永住しようと思っている人にとっては、垂涎の的であると言えます。

住宅ローンがあると帰化申請が不利になるか?

既に日本に住んでいて、在留資格を持つ人が、住宅ローンを組んでいた場合、帰化申請で不利になるのでしょうか?

帰化申請が認められる条件の中に、「生活条件」というものがあります。具体的に言うと、本人や生計一にする配偶者等の親族の資産・技能によって、生活することができるとことです。従って、本人や親族に資産があったり、生活を営むことができるための技能・資格を持っていたりすれば、有利に働くということになります。

それでは、住宅ローンを組んでいても、帰化申請を行うことは可能かということですが、結論から言えば可能です。他のローン、自動車ローンや教育ローン、奨学金の返済が残っていても、申請にはそれ程問題ではありません。

しかし、現在返済している月々の金額が多額の場合は、問題になるかもしれません。もちろん、毎月の給料に比べて、返済額が少なければ生活に支障がないということになります。但し、生活を圧迫する程の返済額であれば、「この先日本で継続して生活ができるだろうか」という疑問を持たれ、不利に働く可能性があります。

帰化したら住宅ローンが組みやすくなるのか?

帰化申請が許可されて、日本国籍を取得した場合、住宅ローンは組みやすくなるのでしょうか?結論から申し上げると、住宅ローンや自動車ローン等の融資は組みやすくなります。

既にご説明したように、在留資格を持つ外国人が帰化するということは、日本人になるということです。従って、それまでに比べて住宅ローンが組みやすくなるのは、ある意味明白です。

日本に帰化して住宅ローンを組む場合、帰化する前に組む場合と比べて、審査のための書類がかなり少なくなり、負担がかなり軽減されはずです。審査する側が最も懸念することは、毎月滞りなく返済してくれることです。

そのためには、毎月一定の給料が入ることは大前提ですが、それと同じく身元がしっかりしていることも重要です。その一つの要素として、日本国籍があります。これは、日本人ではないからと言った差別意識では決してなく、あくまでも返済能力の重要な要素として見られるということです。

まとめ

現在住宅ローンを抱えていても、それが無理な返済でなければ、帰化申請で不利に働くことはあまりありません。また、帰化申請が認められ、日本国籍を取得することで、住宅ローンが比較的組みやすくなることはあり得ます。